部分痩せ!!!



やっぱりそんな甘い話あるわけなかった。
毎日 毎日
ヌリヌリマッサージしたけど
微妙な変化の兆しすら見えない。
やっぱりなぁ~~~
そんな奇跡起こるわけないよなぁ~~~
信じて購入した私は、おおばかものか!

でも「まだ数日だから」と
わずかな『可能性』を信じている自分がいるんだぁぁ。


~可能性~
今日は、PETER,PAUL&MARY気分

♪Five Hundred Miles♪

光田健一さんが2005年

「旅姿♭フラッとナチュラル三人衆」
toritori



田中P-suke博信さん
井上Cico浩一さんと一緒に・・・・
わが街に来てくださった。

Puff,The Magic Dragon
これはどこで聴いたのかな?
思い出せないけど
聴いたことがあるような・・・

なんてあいまいな記憶なんだろう。
すべての記憶をきちんと
ストックできたらいいんだけどな~


今の気持ち
Tiny Sparrow
お留守番って決めたけど
やっぱり こんな気持ちかな
2007.06.28 聴きたいもの
秋から始まるスタレビツアー
今日、お誘いメールをもらった。

光田健一さん脱退後、フラッパー(FC)を
やめてしまったので
最近は、フラ友からのお誘いで
コンサートに行っている。
先日の25th記念ライブに行って
スタレビ熱~再燃焼中!

行きたいなぁ~と思いつつ
まだ見えない光田さんの予定。

かぶらないことを祈って
チケットを取ってもらうことにした。



******:*****:*****:******



光田さんのライブ 行きたいなぁ。

7月1日(日)
山野楽器・府中フォーリス店
フォーリス1F 光と風の広場
14:00~
16:00~
カゼカヲル

カゼカヲル / 光田健一

無料ライブがある。

この時間帯なら、いつもみたいに
帰りの時間が気になることはないし
ボーナス時期なので
上半期がんばった自分へのご褒美で
遠征もいいかなぁって思ったけど
今回は見送る(見守る)ことにしたんだぁ。

待つときがあってもいいかな~って思ったの。
たまにはね^^
光田さんのCDを聴いたり
いろんな音楽に触れたりする時間もいいかな











でも
ほんとはね、光田さんの生音
聴きたいんだぁ。

2007.06.27 夏になると
「やせたい やせたい」って毎日
呟いている不思議な君

足にぬるクリームは
ほんとに効いているの? 

光田さんが歌う「二人は最高」

この時期になるとこのフレーズが
頭の中をぐるぐる・・・・

二の腕、ふくらはぎ、太もも
おなか、顔

どこもかしこも気になる 気になる

ってことで
効果あると信じて
「ぬるだけで部分痩せ」
60分後には、サイズダウン

美容液を購入してしまった。

1日目・・・・全く効果なし

即効性あるなら、
世の中に「やせたい」と
悩みを抱える人なんて いなくなるはずだろうし。

でもなぁ~

今流行のあの運動は、絶対無理!
3分ともたないだろうなぁ。

うううう~~~ん

まぁ、この夏がんばってみよっと


2007.06.24 全国植樹祭
北海道苫小牧で行われた
第58回全国植樹祭

この式典で光田健一さんの手がけた
音楽が流れた。

緑のメッセージ

この曲にあわせてダンスをする
子ども達

緑の木々が破壊されていく
そんな危機を救うのは
やっぱり人間しかいない。

さまざまな苦難を乗り越え
小さな芽が生命力で立ち上がる。

いい感じ。
表現している
子ども達の表情も本当にステキ。

また、このイベントに
参加している子ども達。
とっても礼儀正しくって
びっくりしました。



。。。。
もうちょっと聴きたかったな~
解説もいいんだけどさ。

お願いだから、しゃべらないで!
など勝手なツッコミを入れながら
朝のひと時をすごしました。


小さな苗木が少しずつ成長し
やがて、大きな枝をはり大木となる。
どこかで聞いたのだけど
大木は1本だけじゃ育たないんだって。

もちろん密接していてもだめだけど

大きな木が集まって森となる。
人も同じだなぁ・・・って思った。

人生の年輪
いい形で残しているのだろうか?

光田さんの楽曲の中に
「こんにちは さようなら」という曲がある。

~いつの日か たくましく
 みどりの森となって輝く~
The Brillian Trio

The Brillian Trio~出逢い / 光田健一
こんな時がくるといいなぁ~
人も自然も
みんな共存しているのだから
7月末までとにかく忙しくなる仕事。
普段でもこの時期は、
体も頭も気も使う超多忙期。

残業だけじゃ、とうてい間に合わないし
持ち帰り(宿題)がいっぱい。

今年は、+2
大きな仕事を抱えてしまっている。

今日も午前中仕事関係で出かけた。

「○○がやらねば、誰がやる!」
誰か~
「は~い」と挙手してくれないだろうか??

優先順位のつけられない期日が迫ったものばかり
どの仕事も
スタートもゴールも同時期なんだもん。

イライラしてあせっても時間は過ぎる。
好きな音楽を聴きながら
まずは、書類の下準備。
山のように重なった本、資料を研鑽。

これを聴きながら
気持ちよく仕事しよっと。

The Definitive Collection
Stevie Wonder


今日、光田健一さんは、
南青山マンダラで
岸倫仔バンド・LINN-TETRA LIVE 。

行きたいけど
平日じゃ、どう考えても無理だし

あぁぁ~東京に飛んで行きたい!
いいなぁ~東京
リズムウキウキなんだろうなぁ~~

「もしかしたら、この時間に出たら
間に合うかもぉ~」

行けるわけないんだけど
そんな気持ちでお仕事。
やっぱりさみしい。。。。。。。



でも!
帰ってきたら「真っ白い封筒」があった。
kenpa




本日到着!KEN's park 会報
光田健一さんのファンクラブ会報。


私はいつも会報をみると
「光田さんからのお手紙」のような気がするの。
今回は、ボリュームたっぷり
ちらっと中をみたら
ものすごい量の文字・文字・文字......

今日は、さらっと概観だけ
週末にじっくり読ませていただこう~

一言一言
大切に読んでいきたいな。


2007.06.19 メモカぴあ
スタレビ
「25年に一度の大感謝祭」
メモカぴあ

申し込み完了!
忘れるとこでした~

笑った!
泣いた!
叫んだ!
あの超感動的なライブ。


MDで録音したものを
通勤中、何度も再生。

といっても全部は聴ききれないので
トラックマーク36のリピート。

光田健一さんと
根本要さんが歌う
Stars
stars

STARS / スターダスト・レビュー
光田さんの姿が見えた瞬間
会場全体が動いた。
私も
興奮度MAXを超えて
壊れモードに入ってたっけ。

25年(26年)の歴史の中で
私が知っているスタレビは
ほんの数年。

初めて手にしたCDは
ONE & MILLIONS 

one.jpg

ONE & MILLIONS / スターダスト・レビュー


X'mas present~
あまり聴かないままラックへ。

ずっとそのCDの存在を忘れていたけど
光田さんがサポートで入った年
誘われて初コンサート。

このときONE & MILLIONSの
存在を思い出したの。

この声
 ・・・・聴いたことがある・・・・
帰宅後、すぐCDを探したんだ。


野外で聴いた要さんの声
しびれたぁぁぁ

だけど目は
ステージ左の光田さんにクギヅケ

偶然であった1枚のCD
そこからこんなに広がるなんて

偶然ではなく
必然だったのかな
2007.06.17 感情労働
今日「感情労働」って言葉を
初めて聞いた。

体をつかう「肉体労働」
頭をつかう(悩ませる)「頭脳労働」

そして
自分の感情をコントロールして
相手と接するのが
「感情労働」だそうだ。

なるほど。。。。。
自分の意のままを相手にぶつけたら
とんでもないことになってしまうもの。

そんなつもりはなくても
クレームの上乗せになって
縺れた糸がさらに絡み合ってしまう。

私の職業もそうかもしれない。
理不尽なクレームが
夕方から飛び込んでくる。


夕方の電話は、みんな取りたがらないし
ベルが鳴ると
手を止めて、会話に耳を傾けるんだ。

別に悪いことや間違ったことは
していないけど

「どきっ」として
自分への電話じゃなきゃいいのになぁ
と思って作業の手を止めてしまうの。

そりゃ、胃も壊すよ。
神経おかしくなっちゃうよ。

自分の思いばかりぶつけるのが
いいとは思わないけれど・・・・・。
自分を殺してばっかりだと
疲れちゃう。

感情労働
妙に納得してしまった。
2007.06.15 とんだ1日
仕事関係で相棒と午後からプチ出張。
といっても
~自転車移動距離~


私は自転車
相棒はバイク

本当は・・・・
最寄駅から(30分)
一緒に歩いて行くつもりにしていたけど

出かける前にいろいろあって
(徒歩時間を確保できなくなったので)


相棒がネットで出してくれた
地図をもって

現地集合に変更。



待っても相棒は来ない。

「どうしたのかな?」
と思っていたら相棒からメール

「今、北入口に着いたけど・・・」

え??

B「どこ?」
相「え???どこって▲○市」
B「ええええ~~■×市よ!」

相「地図どうりなのに・・・
 とにかくそっちに行くから」
「道は、▲○市の人に聞くわ~」


しばらくして電話が鳴った。

相「案内してもらった通りに来たけど
  ここは、★☆市」
 「ここじゃないよね?」


B「ちがう!■×市!」

相「ここから、南に行くの?北?
  とにかく東西南北教えて~」
 「○○号線をどっちに行くの?」


B「そんな・・・わからない~
  とにかく駅から真っ直ぐ行くの!」
 「ずっとずっと真っ直ぐ行って曲がるの」


相「それじゃあ、全くわからないぃ」

B「まままじっっつ?誰かに聞いて!」


しばらくして彼女が到着。
すでに用事は、終了なり。


ちゃんと打ち合わせしたつもりだった。

「(施設)で待ち合わせ」
お互いこれで通じてると思っていた。

前日の晩にも、メールで確認し合っていたし



相「でもぉ・・・私ちゃんと地図を出したでしょ?」

B「私、地図見れないの」

相「どうやってここに来たの?」

B「カン!だいたいこの辺りかな?って思ったから」


相「地図の意味ないよぉ」
B「わからない時は、
 ここに行きたいです!って
 地図を見せるつもりだったもん」


どこに行くときでも
いつも誰かに連れってってもらう私。

たまに一人旅だと
よく道に迷うんだぁ。

お店に入ると、どっちから来たか
どっちに向かうか迷うのよ。

おばかなのかな・・・私。
でもカンでたどり着けるなんて
すごい!とちょっとだけ思った。
2007.06.14 心と言葉
先日、元オリンピック選手の
井上悟さんの講演(トークショー)
に参加した。

身長166cm?
思ったより小柄な方でした。
でも井上さんは
いかに足を大きく使うか?
最大限に使うこつなどを話てくれた。

なるほど・・・
歩く姿をみると足を効率よく使っているのが
わかった。

そして、オリンピックで
リレーバトンパスを失敗したときの
苦い思い出も語っていた。

NH○から渡された「全国からの応援メッセージ」
このテープには
大声援というより・・・・

大舞台で失敗したときって
泣き崩れるか
訳がわかんなくなって笑ってしまうか

彼は、後者だった。

この話を聞いたとき
スキージャンプの原田選手のことを思い出した。
たくさんの人から受けた言葉の数々。

反対にテストジャンパー西方選手や
葛西選手、仲間の信頼・・・
人と人の繋がりのすてきさを感じた。

心と心をつなぐ言葉
相手の心に残る言葉

もちろん、アドバイスには
きちんと耳を傾けてから
自分の中に入れるか、置いておくか
判断すればいいと思うけど・・・

悪意ある非難・批判は
スルーしたいものだ。
でも、スルーできないのが
人なんだと思うんだけどさ。

弱い?小さい?
人にそう思われたとしても
気にしちゃうもんなんじゃないかなぁ。

うまく伝えられないけど
だからこそ「自分の発する言葉」には
ちょっと気をつけたいなぁ・・・・と感じた。

光田健一さん
ナチュラルマン[Naturalman] / 光田健一
今日は、これを聴いてみよぅっと
Naturalman

2007.06.11 BILLY JOEL
なんだか今日はとっても
BILLYに逢いたくなった。

ってことでラックから
CDをpickup

THE STRANGER
~JUST THE WAY YOU ARE~
昔。。。ちょっとだけ
苦い思い出がある。

今思えば、あのとき
一生懸命だったのかな。

音楽を聴くと一瞬にして
時代を遡ることがある。


たまには、


思い出にふける時間があってもいいか!

THE STRANGER
何度やっても
す~ぅす~ぅって音しかでないのに
ふけない口笛を練習したことも
なんだか懐かしい。
今日、スチールドラムの演奏を聴いた。

聴いたといってもほんの
40分くらいなんだけど・・・。

スチールドラム
「20世紀に生まれた、最後のアコースティック楽器」
といわれ
楽器は「ドラム缶」
(基本的に石油などを運ぶ容器)
で作られている。


インドネシアのガムラン音楽と似ているかも。
(と、ここでもKENSOを思い出す私)


カリブ海に浮かぶ
小アンティール諸島の中のトリニダード島
この楽器が生まれたんだって。

叩いてみた~~い!

おもしろい音階で
のとなりは、じゃない。

(ちょこっと説明してくれたけど
ききとれなかった。)

ううう~~んと
たぶんブラストに行ったとき
聴いたような気もするんだけど
間近で聴いたのは、初めてでした。

やっぱり~~~
叩いてみたい!!



今日、友達からpresentが届いた。
ミトカツユキさんのTrailer CD
mito

8月8日「39」というミニアルバムを
リリースだそうな。

ミトさんはMITOと名乗っているとき
これまた光田さんがご縁で知った
アーティストである。

なかなか彼のライブにまでは
手が(財布)がまわらないんだけど

2度ばかし・・・サイン会の時に
少しだけお話させて頂いた。
ミトさん。。。
いい人です!

これまたうれしいことに
ちゃんとサインまで書いてくれている。

おまけに
mito1

お久し振りーふ
って・・・・・

彼が歌う
Identity

Identity / MITO
この曲は、私にとって忘れられない曲。
お久振りーふに、
ミトさんのアルバムを聴いてみよっかな?
2007.06.08 BODY PERCUSSION
最近・・・・でもないけど
ここ数年気になっているのが
「BODY PERCUSSION」

体すべてが楽器になるんだ~

昨年この講座に参加したんだけど
とっても楽しかった。
最初は、ちょっと恥ずかしかったんだけど
せっかく参加したんだから・・・・
弾けてみようと思ったの。


みんなでリズムをきざむと
本当に心地いい!

光田さんのライブでも
2パートに分かれて
コーラスを歌うことがあるんだけど
歌いたくっても
なかなか・・・・・ね。

かなりコンプレックスを抱いている自分の声。

何度も喉を痛めちゃったので
歌えなくなってしまった。

(今思えば・・・・
 なぜちゃんと医者の意見を聞かなかったのか)

人よりはるかに狭い音域になってしまった。

でもね。
声を出すと
開放感を味わえるんだ~


こんな私が、
なぜボディパに興味をもったかというと~

光田さんが以前ライブで
Libertangoを演奏された。

この曲で2パートに分かれて
手拍子をしたの。

このときから、手拍子(リズム)の楽しさを
もっともっと味わいたくなったんだ。

声がでないから・・・
コーラス(合唱)なんてできないけど
リズムをきざむことならできるからなの。

誰かと音を(言葉・心)交わす瞬間
このときがたまらなく好き。
カゼカヲルPV
が観られると聞き
さっそく・・・・Gyaoへ

ちょっと微妙
笑っていいのかな?

CDを聴くとあのシーンがよみがえっちゃう。

でもこうして光田さんの曲と今までに出会ったことのない人たちが
「光田健一」と初対面できるんだから

カゼカヲル

カゼカヲル / 光田健一

すごいことだよね。

凹んだ気持ちが、このPVで笑って元気になったのは事実。

ずっとずっと側にいる♪
自分の側で奏でてほしい曲「カゼカヲル」


でもこのPVは、友達とわいわい言いながら観たい気も。

2007.06.05 壊れる自分
なんだかいろんなことに
イライラしてしまう。

自分の本当の気持ちを言えないからかな?
言いたいけど言えないこと

自分で消化できないこと

どうすりゃいいんだ?

明日になったら・・・・・
違う自分になれる




はずもなく



自分は自分で変えるしかないのにな
光田健一 幸せコンサート2001
東京銀座博品館

先日購入したDVDを観た。
私・・・・あの場にいたのだ。

博品館DVD



このコンサートをきっかけに?いや
マスマス光田さんにハマッていった思い出のコンサート。

KANさんの「愛は勝つ」を歌ってくれた。
あのとき涙が止まらなかった。
光田さんのあふれる涙の向こうに感じる思いを

少しだけ・・・・ほんの少しだけ
共感できたから。

liner notesを読みながら、また涙がでてきた。

音楽を愛する光田さん
歌うことを愛する光田さん

たくさんの愛を感じた。
私は、そんな光田さんが大好き

深く強く伸びる歌声
優しくそっと包み込んでくれる歌声

あれから6年
私は、成長したのだろうか?
大好きな光田さんのように、真っ直ぐ生きてきたのだろうか
ピュアな心
貪欲に前へ前へと進む力
どこかに置き忘れてはいないだろうか

6月2日 東京キネマ倶楽部

本日は、カゼカヲルポスターで着ていた
モスグリーンのシャツと白いパンツで
颯爽と登場した光田さん。

新井健さん(G.sanshin)
大石真里恵さん(Marimba.Per)
森琢也さん(Violn.Viola)
海津賢さん(Manipulator)
井上浩一CICOさん(Per.スペシャルゲスト)

たくさんの音がMIXされたスペシャルコンサートでした。

あの音・こんな音
光田さんが欲しいと思った音がいっぱい詰め込まれた曲ばかり。

カゼカヲル含め、新曲が3曲!

月にさよならの雨が降る(仮タイトル)
決心(仮タイトル)

この2曲は、今後どのように成長して
再び私の胸に飛び込んでくるのか、とっても楽しみ。

他の曲も
今回のメンバーの持ち味がでる
最高の彩りにアレンジされていた。
いつもは(イントロクイズのように)
最初の音を聴いたら「曲名」がわかるのだが、
今回は、「なんの曲だろう?」とちょっと想像できる時間があった。
そういった意味で私は、このコンサート全曲新曲のような気がしたのだ。


大石さんのMarimba
森さんのVioln
ホンモノの人達のホンモノの音を堪能させていただいた。
個人的には、もうちょっと聴きたかったかな。
Manipulator 音響効果の音もよかったけど
せっかくの生の音の交わりだから。

光田さん、うれしかったのかな?
久しぶりに「自分のため」だけに時間を使え
「自分を表現」できるから
かなりハイテンションに見えた。

いろんな方に光田さんの力がほしいと言われ
全力で縁の下の力持ちをしていた光田さん。

やっぱり私も、光田さんが光田さんにしかできない音を
光田さんらしく表現しているときが、一番好き。

終演後、長蛇の列に並ぶ人たち、一人一人と
笑顔で会話する姿をみて
光田さんの人柄を感じた。

こんなアーティストあまりいないかも・・・・。

今回DVD2作が新発売された。
2作同時購入特典、以前のグッズパンフとカンバッチ

私は、このカンバッチを見たとき
ちょっと涙がでそうになった。

1つ1つ紙袋に留めてあるんだもん。
コロンって袋の中に入れてあるのではなく
1つ1つ手作りのバッチを
留める時間・労力に感謝したい。

光田さんだけでなく、出演者、裏方さん
みんながこの日を大切に思ってくれたような気がした。

ほんとうにうれしい
ありがとう!

ken.jpg