2011.09.13 ブランク
日曜日にお友達に会いに行きました。

初めて出会ったのは、金沢。
とあるライブハウスに行く途中
迷子のあたしに声をかけてくれた人。

同じ大阪だってことで、意気投合して
そこからすご~く仲良しになって
吹奏楽遠征にも一緒に行ったり
ビルボードで背中鑑賞したり

思い出話は尽きません。

「15日行く?」
「あたしの復活祭
をしてくれはるから行かない」

「ヤは?」
「それも行けないかな」

「でも、たぶんいつか…。」

建てられた巨大な壁を感じなくなったら…。
ブランクを自ら作って
自ら落ちた落とし穴に優しいものでいっぱいになるかもしれないし。

とにかくガツガツいかないでいこうと思う。


夜は、またまたお散歩です。
月夜に照らされ町を散策。

なかなかタイミングが合わなくて会えなくて

ブランク期間を埋めるかのようにたくさん話たり
黙って月を見たり


久しぶりにたくさん幸せ気分をもらった1日でした。


がっ
日曜日、昼は遠出。
夜は、散策。
疲れMAX!!!!!!

今日は、夕方から病院だったけど
あまりにも疲れた顔に
ドクター…唖然

薬、減らして様子診よかと思ったけど
あんたの為、思たら続けよか


9月復帰に体さんは、納得してくれてなかったみたいです。

だけど
ちょっと分かったことがあります。


今、第三者的立場で仕事に携わっているけど

ものすご~く
ほんとにすご~く
見えてきます。

神さまは、(スチャンじゃないけど)
あたしに
「見て、感じて、振り返りなさい」
とゆうてはるような気がします。

次男さんのように
長男をみてトラブル回避の引き出しを作っているようです。

口を出さないようにする勉強にもなっているかな。

今回、病気になって担外れて良かったです。

あたし、あのままだと
人育てるどころか
潰していく側になったんじゃないかと思う。

気持ちを汲む努力と目は、持っていたつもりだけど
洗浄しないと曇ったままになっていたんじゃないかな。

曇った目で見たことを長年の経験だとか
偏った見通しとか立ててえらそうに


「怒ったらあかん」
最近、どの研修でもそう言われる本当の意味が分かりかけています。

「正しいことは、休み休み言いなさい。」

「座るのが、当たり前やと思たらあかん。」

「うっとうしいねん、ボケ、し、どっかいけ」は
「今日も元気に来たよ」の印。

うまく交わさないと「敵」になってしまう。
敵になったら、徒等組んで戦いにきよる…
そうなったら、もう終わりや

完全崩壊するまで無理や

先日、受けた研修のことを思い出しました。
現場の中心にいると一生懸命になりすぎて
反発してしまうであろう研修内容だったけど

今だから、ストンと落ちた。

ブランクがあるから、入った言葉なのかもしれません。


あとは、うまく時間を使って
ブランク&ブレイクタイムを作って行きます。
Secret