ここんとこ・・・・・・・・・ずっと
がんばるといいながら自分の仕事に悩んでいます。



「あれでよかったですか?」


あたしのこの一言にご立腹された人

ご本人いわく
。。。。普段からの鬱積を爆発するタイミングをまっていたんだと
ごめん


今思えば、ちょっと笑えるシチュエーションなんだけどね



節分の豆まきのように
袋いっぱいのどんぐりを投げつけられて
何メートルもあるローカにじゃらじゃらごろごろ
どっば~~~ん







そんな出来事をあたし
消化できずにいたんだぁ・・・・・・



泣いてわめいた人が勝ち?
「かわいそうやん、まじめにやってるのに
 じゃませんといたって!」
そこでおばちゃん徒党をくむ。







えええええ?????・・・・・どう考えても
あたし、とばっちりだと思うんですけど

呼んだんじゃなく
聞いてってくるんだもん





そんなこんながあって
友達に相談したの


「子のこころは分かっても大の心をつかめないからねぇ~あなた。
 なぜ、大の面倒をみなきゃいけないんだって思ってるでしょ?
 そこがあかんねん」


嫉妬は返って守るべき子を守れないことになるよ
ましてや、その立場だからね



ううううううまく書けないけど




とにかく、悔しいんです!


うまく巻かれつつ
うまく生きることが円満の秘訣






できないよ。。。あたし

でもそう切り替えることが、子を守ることになることは
なんとなく分かった。


下手にでるねんでぇ~
噛み付くな!



でも、でも
だけど大の面子を守ることはしたくない!!!!

「Breezeさん、そこが向いてないねん、この仕事」

肩書きもつか
相手の面子を保ちつつ立ち振る舞うか


下手やねん、そこが








頭おかしくなりそうでした。





一生懸命考えたら
なんとなく分かるような気もするけど
でも、違う路線を走らす訳にはいかない。




とにかく、あたしはやっぱり
この群衆の一員になれない
Secret